テニス肘とは何か

突然の肘の痛み

テニス肘とは肘付近の筋肉の炎症による痛みを「上腕骨外側上顆炎」または「上腕骨内側上顆炎」のことです。
突然、肘に激痛が・・・整体院などに行ってみるとテニス肘と診断されて、いや、テニスなんかしたことないですけど。っていう方も結構いらっしゃるんではないでしょうか。
テニス肘と呼ばれるゆえんは言葉通り、テニス選手が腕を振りすぎたりして肘を痛める事が多くこう呼ばれるようになって、それ以外でもコックさんなどの腕を酷使する職業の人がなりやすかったのですが、
最近はパソコンでの作業が増えて普通のサラリーマンでもこの症状になります。
腱鞘炎と言った方がピンとくる人も多いと思いますが、このテニス肘も立派な現代病の仲間入りですね。
すでに肘が痛い人は整体院で治療を受けるしかありませんが、気になる方はしっかり予防しましょう。
パソコングッズなどで痛みを軽減するやつも売っていますが、なかなかこれだけでは予防できません。ふだんから右手がマウス、キーボードと使うので負担がでかいのでこの右手の負担を減らすのが一番です。
右手、左手を使い分けて負担を分散させてあげるのが、一番の予防になるのではないでしょうか?