シンスプリントの対処

シンスプリントとは

スポーツをしている人なら聞いたことがあると思います。
激しい運動や走ることが多いスポーツをしていると起こりやすくなるみたいです。この症状は放置していると治りが遅くなるので早期の治療が必要です。
シンスプリントと呼ばれるもののほとんどは、ふくらはぎにある脛骨から痛みが発生することなんです。この骨に沿うような感じでひしひしと痛みがきます。
ここがすごい痛いみたいな痛みではなく、全体的に痛い感じになるようです。
また、痛みを我慢して走っていると走れなくなってしまい、疲労骨折と診断されて結局長期間の休養を言い渡されてしまいます。
逆に痛みが出て一週間休養してまた再発しての繰り返しになるパターンに陥って、もうシンスプリントは治らないんじゃないかと思う人もいると思います。

整体院で治そう

しかし整体院でしっかりとした治療を行うとあっという間に治ったという方も実際にいらっしゃいます。
対処としてはテーピングやアイシングなどがありますが、これらは一時的に痛みを取り除くだけのものです。
一番大事なのは普段練習している環境を変える事です。
ただメニューを変えるのはほとんど無理でしょう。なので細かい所ですが、練習の靴や走り方、姿勢などを矯正していく事で足の負担を減らして根本的に治療していきます。