RICE処置

応急処置の基本

決してお米ではありません。
これは応急処置の基本の頭文字をとったものでRがRest(安静)、IがIce(アイシング)、CがCompression(圧迫)、EがElevation(挙上)で合わせてRICEです。(お米じゃないです)
Rの安静はその名の通り、負傷した後運動を続けていると治癒までの時間がその分長くなるので、まずは安静にするのが第一です。
つぎのIのアイシングは患部を冷やしてあげる事で血管が収縮して、出血を抑えたり、炎症を抑えて、痛みを軽くすることができます。
次のC圧迫は骨折した人をみると分かりますが、枕木をつけて患部を固定しますよね。ある程度抑えて上げて炎症や腫れを調節することができます。
最後のEの挙上はその名の通り患部を心臓より高い位置に持って上げる事です。とくに出血している場合などは心臓より低い位置にあると出血が増したりするので、この処置をとりますよね。
普段のこういった現場には私たちには用はありませんが、いつどこで、何が起こるのかはわからないので、せめて安静して冷やして上げるくらいは出来ると思うので覚えておいて損はないと思います。