モーション・バルベーションという手技

関節技ではありません。

モーション・バルベーションときいてピンと来る人はいらっしゃいますでしょうか。アニメの必殺技ではありません。
カイロプラクティックのテクニックの1つで、脊椎や身体中の関節に正常な関節運動があるかを調べる検査法であり、治療法です。

普通の正しい関節運動とは、手の指を動かすと曲げたり伸ばしたりしかできませよね?
でも指先をつまんでグリっと回してみると微妙に回るが正しい動きです。回らないって方は一度整体院か、カイロの治療院に行った方がいいかもしれませんね。
これを関節の遊びと呼び、どんな関節にも基本的には8方向の関節の遊びがあるんです。
この遊びがちゃんと働いているので筋肉は自由に動けるということなんでうす。
普段の生活でも問題無く体を動かせるのは、関節に遊びがあって多少の無理は聞いてくれるからです。
なので逆にこの遊びがないと、、、もうお分かりだと思いますが、駆動域に遊びがないと筋肉が固まっちゃいそうですよね。
本来なら動ける範囲に動かせないと、関節に負担が掛かって炎症を起こす可能性もあります。つまり良い事が一つもありません。
なのでモーション・バルベーションで駆動域を見て問題のある関節をみつけて治療していけるわけなんです。