その不調、肩甲骨はがしで改善できるかも?

肩こりや猫背はまだ関連性がわかるとして、背中の脂肪やぽっこりお腹、さらには顔のたるみまで、肩甲骨の不調が引き起こしていると言ったら信じられますか?

肩甲骨とは、ご存じの通り背中に一対、まるで翼のように存在する骨です。

胴体に直接くっついているわけではなく、鎖骨に接して浮かんでいるような状態にあります。なぜそんな状態で背中にとどまっていられるかというと、多数の筋肉によって支えられているから。そのため肩甲骨に不具合が生じると複数の筋肉が影響を受け、さまざまな症状を引き起こしてしまうのです。
肩甲骨は本来、腕の動作に連動してフレキシブルに動くもの。張り付いたように動かなくなっている状態では、さまざまな部分に支障をきたしているはずなので、以下の手順ではがして動くようにします。

1.両手を握り、「グー」を作ってから両方の親指だけ立てます。
2.両肘を曲げ、それぞれの親指を鎖骨に向けます。
3.そのまま肘を10回ほど回し、終わったら逆方向にも回します。

肩甲骨周辺の筋肉がガチガチに凝り固まっている場合、これだけではどうにもならないかもしれません。そういうときは整体院に行くと、体のプロが肩甲骨をはがすのみならず、全身を調整して快適な状態にしてくれます。

プロの整体師のお店

からだメンテナンスRoom Colinux(コリナックス)からだメンテナンスRoom Colinux
http://colinux-fcr.com/
神奈川県平塚市中里1-22
0463-68-3211
10:00~22:00
駐車場あり

 

猫背でお悩みの人にも

猫背気味の人の中には、肩甲骨の痛みで悩んでいる人が少なくありません。学生時代は背筋がシャンとしていたのに、社会人になってパソコンを使った仕事をしているうちに猫背になってしまった……なんて人も。
猫背になると顔に影がかかり、どことなく陰鬱な印象を与えがち。しかし、見た目の問題以上に猫背を放置するのは危険です。肩こりを併発しやすいのはもちろん、内臓に負担がかかる、肺が圧迫されて呼吸が浅くなりがち……など、思わぬ病気の要因になってしまう場合もあるのです。そうなってしまう前に、ぜひとも猫背を予防・矯正していきましょう。
一番良いのは、やはり整体院などで「肩甲骨はがし」を行なってもらうこと。肋骨と肩甲骨の間に手を入れて、物理的に肩甲骨引きはがし、柔軟な状態に戻せます。
時間が取れない多忙な人は、応急処置として自分でできる簡易「肩甲骨はがし」に挑戦してみてください。まず、気をつけの姿勢から片腕を真横に、床と平行になるまで上げていきます。それから腕を牽引されているイメージで外側に伸ばしつつ、前へともっていきましょう。最後に、瞬間的に腕を脱力させておしまい。これを1回3セットほど行なうと、前に出がちだった肩甲骨が後ろに戻り、背筋が伸びた状態になるのです。