妊娠中の腰痛

妊婦さんの悩みの中で多いのが腰の痛み

その原因は大きく分けて2つ。

1.妊娠にともないホルモン分泌の影響でバランスが崩れやすくなる
2.お腹が大きくなるため重心が変わり、関節への負荷が強まったり、筋肉疲労が回復しにくくなる

まず、ホルモンのバランスが変わることで起こる腰痛については、ホルモン分泌の影響で関節が不安定になってしまうため、その関節の不安定さが痛みにつながってしまうことがあります。
赤ちゃんが生まれる時、狭い骨盤を通過するため、赤ちゃんがスムーズに降りてくることができるよう骨盤の靭帯を緩ませ、その際作用するのが「リラキシン」というホルモンです。
靭帯が緩むと関節の支えが不安定になってしまうため、その周囲の筋肉が硬く緊張し、腰部の関節も不安定になり、最終的に腰痛に繋がるといわれています。

また、身体の重心が変わり、姿勢が変化することで起こることでも腰痛が起きます。妊娠すると、10㎏前後体重が増加することになるので、意識しないうちに姿勢が変わってしまいます。
変化としては、からだ全体がふっくらとしてきます。一番大きくなるのはもちろんお腹なので、腰椎や骨盤が前方へ傾き、重心が前の方へ変化します。そのままだと倒れてしまうため、後方へ支えてバランスを取って暮れるのが背中の筋肉。絶えず背中が張った状態になるため、腰に痛みが来てしまいます。

姿勢に気をつけるようにするのが、まずは予防になります。また、身体を温めるのも効果的です。
ストレッチなどでは背筋が延びる運動が効果的ですが、骨盤の「バランスを正すために骨盤バンドを使用したり整体に行くのも一つの手です。
私は市川で腰痛治療を受けたのですが、良い整体院さんだったんでおすすめです。

 

 

 

整体で体を強く!

体のメンテナンス

整体には痛みを改善するという大きなミッションがあります。

みんな治る!というモチベーションで整体やマッサージ行きますが、確かにその場面では症状は良くなるかもしれません。でも3日後、5日後には同じ痛みがあなたを襲っていませんか?

2週間持てばいい方だと思います。そこで大事なのは改善後の予防ではないでしょうか?

ただ整体などでやっていただける予防法なども限界があるのは確かです。

結局は自分自身の生活習慣や姿勢などによってまた痛くなるかどうかが決まるものです。

いくらいい姿勢を教えてもらっても自分でやらないと何の意味もありません。

また、改善と言っても痛みを和らげただけなのか、それとも症状の原因を断ち切ったのかよく分かりませんよね。

数日経たないとわからないのがやるせないですよね。良い先生かどうかは通わないと分かりませんし、口コミなどに頼るほかありません。

でも口コミなんかを見ていてもなんだか同じようなやつばっかりでよく分からなくなりますよね。口コミは鵜呑みせず参考程度がちょうどいいような気がします。(体感)

なんだか話があちこちに行きましたが、何がいいたいのかと言うと整体の施術が終わった後からのアフターケアや継続的なケアが凄く大事だという事です。

私は前に野方で整体を受けましたが、こちらの先生は体のメンテナンスについての知識が深く、すごく頼りになると思います。

 

 

 

 

アジャストメント

アジャストメントとは

整体やカイロプラクティックで使われるアジャストメントとは直訳すれば調整するという意味があります。
一般的にわかることばに直すと骨格矯正といったところでしょうか。

では骨格矯正とアジャストメントでは何が違うのでしょうか。関節をもとにもどすという行為としてはどちらも同義です。
その中でアジャストメントは体にかかる負担を最小限にとどめるためにポイントを押さえて矯正していきます。
腰椎のアジャストメントなどは非常に難しい技術みたいで、是非腕のいい先生にやってほしいものですね。

骨格矯正

また、骨格矯正にも言えることですが、骨盤などの矯正はダイエットの効果も期待できるんです。
美容整体という言葉を聞いたことがあると思います。
私たちの体は自分の想像以上に体のバランスが崩れています。
崩れている原因は骨格のズレから始まるんです。骨がずれると同時に筋肉もずれてずれたまま生活しているとされにおかしく筋肉がついて、基に戻るのが大変になるんです。

自分は大丈夫と思っている方も一度整体院などに行ってみてはいかがでしょうか?
思わぬ発見があると思います。

わたしのおすすめはこちらhttp://kairakuin.com/
橋本駅から徒歩10分ほどの快楽院さんのホームーページです。

ハムストリングスと整体

筋肉を痛める

整体院にはいろんな症状の人が来院します。たとえばハムストリングスを痛めた人も来ます。

ハムストリングスは太もものうら側の筋肉の総称です。よくスポーツ選手、特にサッカー選手などが怪我をした時によくいためる筋肉です。
幾度もなくダッシュする激しいスポーツではよく痛めます。
しかも一度傷めると癖になりやすい筋肉で、しっかりケアをしないと選手生命を脅かす存在になります。
また、ハムストリングスは膝を曲げるために使う筋肉なので大腿部膝屈筋などとも呼ばれています。

ではこのハムストリングス筋はスポーツ選手だけが気にすればいいのでしょうか?
そんなことはありません。日ごろの運動不足による筋力の低下により骨盤のずれが出てきます。
なので、長時間の座りっぱなしや車の運転などは筋力の低下や硬化につながります。
なのでしっかり足を運動させることが大事ですよね。
もしなにか急な動きをしてハムストリングスを痛めてしまったなら、アイシングが必要です。
アイシングで炎症を抑えたらそのあとは整体の手技などで患部の修復を促していきます。

また、腰痛や肩こりなども実は筋肉のねじれが関係していることが多く、その場合も整体院などでしっかり治療してもらいましょう。
埼玉にあるおすすめの整体院さんをご紹介!
朝霞台にある腕のいい整体院さんです。